自動車リサイクル法

自動車を廃棄処分そして解体するときに、現在はリサイクル法によって
リサイクル料を支払わなければならないことになっています。

新車を購入するときには、最初からリサイクル料を支払うことになっていますので、
後で支払うということはありませんが、

2005年1月以前に購入した自動車については、
それ以降の最初の車検時にリサイクル料を支払うことになっています。

また次の車検が来る前に廃棄する場合は
廃車をするとき、つまり自動車解体するときにかかります。

料金の内訳は、シュレッダーダスト料金といわれる部分と、
エアバッグ類料金、それにフロンガス類料金になります。

シュレッダーダストというのは、プラスチックやガラス部分など
以前はごみとして処分されていたものを
こういったものもリサイクルして使用するようにするためにかかる料金です。

フロンガスも地球温暖化の元になるので、破壊するための料金です。

2015年までには自動車の構成部品の95パーセントを
リサイクルして再利用することを目指しているそうです。

料金は一律ではなく、自動車のメーカーや車種、エアバッグの装備などでも変わってきます。
金額については「自動車リサイクルシステム」で検索すれば
ホームページで調べることが出来ます。