自動車のパーツ

自動車解体屋さんは、よくテレビなどで見るように
自動車を前から後ろからあるいは横からつぶして、
ペシャンコにして、鉄の塊みたいにして終わりという感じですが、

もちろん最終的にはそうなりますが、
それよりも、自動車の部品をはずしてストックして
修理業者などの依頼で、部品を販売する利益の方が主になっています。

たとえば、エンジン本体、またはエンジンヘッドや補機類、
エキマニやインマニ、タービンやマフラー

電装系ではジェネレーターやオルタネーター、パワトラやセンサー類
イグニッション関係、スターター、

もちろんエアコンの部品もデジタル表示のコントロールパネルなども
よく壊れるので、そんな部品も売れます。

もちろん外装のパネル、たとえばドア、ボンネットやトランク
フロントフェンダー、フロントバンパーやリアバンパー

あと純正や、社外品のエアロパーツ、サイドスカートなど
もちろん、アルミホイールなどは高額で売れるものもあります。

内装関係は、シート類、特にスポーツ系のバケットシートなどは
純正でも高いものがあります。
たとえばスカイラインのGT−Rのシートなどいい値段で売れます。
ただ、シートの場合、状態で金額がかなり変わりますが。

まだまだ、たくさんの部品が中古部品として販売できますが、
ざっと書いてもこれくらいの部品は売れます。

人気の高い自動車の部品は飛ぶように売れるものもありますので
そんな事故車などはけっこうよい値で買取されることもあります。